リンク集サイトマップ
お問い合わせ

宇都宮音楽芸術財団|演奏会、宇都宮、クラシック、音楽、コンサート

トップページ財団のご案内出演演奏家会員法人会員登録フォーム演奏会情報

出演演奏家(2014)

会員登録
登録演奏家
演奏会情報
過去の演奏会情報
過去のお知らせ

 
MOBILE SITE
トップページ»  出演演奏家

演奏家プロファイル【4月演奏会】

小林 香音(かのん)ヴァイオリン

現在白百合学園高校1年、桐朋学園大学ソリストディプロマコース在学中6歳で桐朋学園大学附属子供のための音楽教室入室、勅使河原真実先生の下でバイオリンを始めた。2007年 イタリア イルピッコロ国際ヴァイオリンコンクール特別賞、ビバルディ賞特別賞として1712年ジュセップガリアーノを1年間貸与される。2009年第63回全日本学生音楽コンクール東京大会第1位、津田梅子賞受賞。同全国大会第3位。第10回洗足学園ジュニア音楽コンクール最優秀賞、第19回日本クラッシック音楽コンクール全国大会第2位(最高位)2010年 ドイツ 第6回ルイスシュポア国際音楽コンクール第2位(14歳以下の部)。2012年メニューイン国際ヴァイオリンコンクール入選(北京)
 

稲生 亜沙紀(あさき)ピアノ

千葉県出身。3歳よりピアノを始める。第6回ちば音楽コンクール優秀賞。第1回Miyoshi NetピアノコンクールF部門第1位。第26回霧島国際音楽祭にて特別奨励賞。第17回やちよ音楽コンクール第1位、市長賞。東京藝術大学モーニング・コンサートに出演。第22回宝塚ベガ音楽コンクール第3位。第9回東京音楽コンクール第3位。ラーン音楽賞コンクール第1位(スイス)、チューリヒのトーンハレ大ホールにてグラウビュンデン管弦楽団と共演。第67回ジュネーヴ国際音楽コンクールセミファイナリスト。ランドルトピアノコンクール第1位(スイス)。2012年度文化庁新進芸術家海外研修員(スイス・チューリヒ)。2013年9月サンモリッツ音楽祭(スイス)に出演。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学を経て大学院在学。2011年9月よりチューリヒ芸術大学に留学し修了。これまでに楠原祥子、小林仁、ガブリエル・タッキーノ、エヴァ・ポヴウォッカ、ハンスユルク・シュトループ、伊藤恵の各氏に師事。
 

加藤 陽子 チェロ

3歳よりピアノを5歳よりチェロを始める。東京藝術大学附属音楽高等学校を経て、同大学器楽科を福島賞、安宅賞、同声会賞を受賞し卒業。同大学院修士課程修了後、2011年よりウィーン国立音楽演劇大学に留学。2012年度文化庁新進芸術家海外派遣研修員となる。帰国後、ソリスト及び室内楽奏者として積極的な演奏活動を行う。 2006年ウィーン国立音大主催夏期国際音楽アカデミー(ISA)にてArtis-Preis(第1位)。2010年第9回ビバホールチェロコンクール第2位。第1回青森県立美術館「チャイコフスキー・ピアノトリオ・オーディション」第1位、翌年のピアノトリオ・リサイタルに出演。2011年第15回松方ホール音楽賞第1位。第80回日本音楽コンクール入選。
 

倉冨亮太 ヴァイオリン

1991年生まれ。4歳よりヴァイオリンを始める。長野国際音楽コンクール小学生の部第1位。日本演奏家コンクール小学生の部第1位。YBP国際音楽コンクール最高位。横浜国際音楽コンクール高校生の部第1位。全日本学生音楽コンクール東京大会第1位、全国大会第3位。大阪国際音楽コンクール大学生の部第1位、併せて文部科学大臣賞、ストリング賞受賞。2010年旭川ウィーン国際ヴァイオリンセミナーを受講し選考会で選出され、イタリアのチェルボ講習会を受講する。ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2012第2位。市川市文化振興財団新人演奏家コンクール最優秀賞。シゲティ国際コンクール入賞(ハンガリー)。Mykola Lysenko国際コンクール第3位(ウクライナ)。Violin of the North国際ユースコンクール第1位、併せてバッハ賞、プレジデント賞受賞(ロシア)。ウィーン・ベートーヴェン国際コンクール第1位(オーストリア)。平成25年度 優秀学生顕彰大賞受賞。公益財団法人青山財団奨学生。東京芸術大学にて福島賞、安宅賞、アカンサス賞受賞。これまでにオルフェス音楽祭オーケストラ、ハンガリー放送交響楽団、ウクライナ国立交響楽団、芸大フィルハーモニアと共演。東京芸術大学附属音楽高校を卒業し、東京芸術大学ヴァイオリン科を本年一位で卒業。大学院進学予定。
 

山中惇史 ピアノ

1990年生まれ。愛知県岡崎市出身。7歳よりピアノを、16歳より作曲を始める。作品は様々なジャンルに多数ある。2012年6月には、「Jungle」が、藝大フィルハーモニア(指揮・高関健)によって初演された。2013年3月には、ユーロアジア国際コンクールの課題曲として作曲した「Danza」がコンテスタントによって初演され、同時に公式伴奏者を務めた。漆原啓子(Vn)、清水高師(Vn)、ゲルノート・ヴィニッシュホーファー(Vn)、黒川侑(Vn)、三縄みどり(Sop)、矢野顕子(シンガーソングライター)各氏と共演、又は委嘱を受けるなど、ピアニスト、作曲家として活動している。2011年の公開レッスンでは、伝説の巨匠、イヴリー・ギトリス氏(Vn)に絶賛された。作曲を鈴木純明、安良岡章夫、糀場富美子各氏に、ピアノを森陽子、山泉薫、白石光隆、菊地裕介、清水くるみ、江口玲各氏に師事。東京芸術大学音楽学部作曲科を経て、同大学音楽研究科修士課程に在学中。
 

大伏啓太(おおぶしけいた)ピアノ

5歳よりピアノをはじめる。1995年、桐朋学園「子供のための音楽教室」仙台教室に入室。1999年、第23回ピティナ・ピアノコンペティションD級全国大会ベスト賞。同年、フランスのリヨンにおいて日仏交歓演奏会に出演。2001年、第55回全日本学生音楽コンクールピアノ部門中学生の部東京大会第1位。2003年、第57回全日本学生音楽コンクールピアノ部門高校生の部全国大会第1位、併せて野村賞、毎日新聞社賞を受賞。2006年、第75回日本音楽コンクールピアノ部門第3位、カワイ表参道パウゼにてサロンコンサート《日本音楽コンクール入賞者シリーズ》に出演、初のソロリサイタルをおこなう。2008年、第2回野島稔・よこすかピアノコンクール入選。2009年、東京芸術大学音楽学部卒業時に同声会賞、読売音楽新人賞を受賞、それぞれの演奏会に出演。同年、第6回安川加寿子記念コンクール第3位。2010年、日本演奏連盟主催のコンサートにおいて、オール・ショパン・プログラ ムによる演奏会を東京文化会館にて開催。室内楽の分野においても、英国青少年音楽祭(イギリス・ロッチデール、2004年)やAcademie de Musique de Lausanne 2011への参加、東京芸術大学室内楽定期演奏会(2007,2011, 2012年)、JTが育てるアンサンブルシリーズ(2010年)への出演など精力的に活動している。東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学、同大学大学院修士課程修了。2012年4月より東京芸術大学大学院室内楽科非常勤講師。これまでにピアノを庄司美知子、菅野潤、多美智子、江口玲の各氏に師事。
 

演奏家プロファイル【5月演奏会】

吉田 誠 クラリネット

1987年兵庫県生まれ。5歳よりピアノを、15歳からクラリネットを始める。2006年、東京藝術大学入学後、渡仏。2008年、フランス地方国立リュエル・マルメゾン音楽院を審査員満場一致の最優秀賞ならびにヴィルトゥオーゾ賞を得て高等課程を最短2年で卒業。財団法人ロームミュージックファンデーション奨学生としてパリ国立高等音楽院に首席入学し、ミシェル・アリニョン、パスカル・モラゲス両氏に学ぶ。平成20年度文化庁新進芸術家海外派遣研修員。ロームミュージックファンデーション音楽セミナー(指揮クラス)にて、小澤征爾、湯浅勇治の各氏の元で指揮を師事。第9回KOBE国際学生音楽コンクール最優秀賞、兵庫県教育委員会賞受賞。国際クラリネット協会(I.C.A)主催ハイスクールコンペティション第3位。神戸新聞社、神戸文化財団主催第9回松方ホール音楽賞大賞。第19回欧日音楽講座に於いて、ミシェル・アリニョン特別賞を特設され受賞。トリノ国際音楽コンクール(マルク・フィオリンドクラリネットコンクール)ファイナリスト。第5回東京音楽コンクール木管部門第1位及び聴衆賞を受賞。日本各地でソロ・リサイタルを行うほか、パリで度々リサイタルを開催するなどフランスでも積極的に活動。ソリストとして国内のオーケストラと多数共演を果たしている。
 

島田 彩乃(あやの) ピアノ

桐朋女子高等学校音楽科を首席で卒業。パリ国立高等音楽院、同研究課程、エコールノルマル音楽院修了。その後、文化庁海外留学制度研修員としてライプツィヒ音楽大学にて研鑽。これまで国内外数々のコンクールにて優勝、入賞。2006年CD『ドビュッシー/デュティユー/ラヴェル』をリリース。2011年帰国。ソロのみならず室内楽にも取り組み、精力的な演奏活動を行うと同時に、上野学園大学講師、コンクール審査なども務める。帰国後も欧州のフェスティバルに招かれリサイタル、またマスタークラス講師としてレッスンも行うなど、海外でも継続して活動を展開中。
 

金子 鈴太郎(りんたろう)チェロ

桐朋学園ソリスト・ディプロマコースを経て、ハンガリー国立リスト音楽院に学ぶ。国内外のコンクールで優勝、入賞。2003年~2008年大阪シンフォニカー交響楽団特別首席チェロ奏者。現在は各オーケストラにゲスト首席として招聘されるほか、サイトウ・キネン・オーケストラ等で活躍中。トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ首席、Super Trio 3℃、長岡京室内アンサンブル、The Chamber Players 各メンバー。
 

演奏家プロファイル【6月演奏会】

三又瑛子  (みまたあきこ) ピアノ

仙台市出身。4才より桐朋子供のための音楽教室でピアノを始める。桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ科を首席で卒業。同大学研究科修了。第51回全日本学生音楽コンクール東京大会第2位入賞。’01年、仙台国際音楽コンクールユースクラシックオーディションに合格、オーケストラと共演。第16回ABC新人コンサート、第78回読売新人演奏会に出演。第32回全国町田ピアノコンクール第1位、町田市長賞受賞。これまでにピアノを庄司美知子、加藤伸佳、室内楽を加藤知子、徳永二男、東京クヮルテットの各氏に、現在、田崎悦子氏に師事。桐朋学園大学弦楽科嘱託演奏員。
 

文 京華(ぶん きょうか) ピアノ

5歳よりピアノを始める。全日本学生音楽コンクール小学校の部3位、クラシック音楽コンクール最高位。2001年桐朋学園女子高等学校音楽家に入学し在学中に全東北ピアノコンクール第1位、2003年には仙台フィルハーモニー管弦楽団、外山雄三氏と共演。2004年同高校を卒業後、ベルリン芸術大学入学。パスカル・ドヴァイヨン、村田理夏子各氏のもとで研鑽を積み、2007年、08年度、アンドレアス財団の奨学生に選ばれ、2008年、Val Tidone国際ピアノコンクール第4位入賞、2009年、Lagny sur Marne国際ピアノコンクール審査特別賞受賞。2010年ベルリン芸術大学を優等卒業、同大学院に進学し、2013年ドイツ国家演奏家資格を取得。これまでに数々の音楽祭、音楽アカデミーに参加、選抜コンサートにて高い評価を受ける。ベルリン、パドヴァ、仙台、名古屋でのリサイタルを始め、2013年帰国後からは、仙台クラシックフェスティバルへの出演やショパン協会主催、カワイ表参道サロン「パウゼ」でのリサイタルなど、ソロ、室内楽ともに活発に演奏活動を行っている。2014年KOBE国際音楽コンクール最優秀賞および兵庫県教育長賞受賞。
 

演奏家プロファイル【7月演奏会】

橋本 洋(ひろし) ヴァイオリン

3才からヴァイオリン、4才からピアノを学ぶ。11才で全日本学生音楽コンクールに満場一致で全国第一位。東京芸術大学附属高校を経て東京芸術大学卒業。大学在学中に大阪府知事賞受賞。摂津音楽祭コンクール優勝。卒業後、ジュリアード音楽院で名教師、ドロシー・ディレイ氏に師事して研鑽を積んだ。留学中欧米各地でコンサート活動を行う。帰国後もオーケストラの共演やリサイタル、室内楽において活動し2007年のウィーンでのリサイタルは最高級の賛辞を受けた。2009年にもウィーンをはじめヨーロッパで6回のコンサートを行い、いずれも絶賛された。現在は演奏活動の他、日本クラシック音楽コンクール全国大会の審査員を務めている。これまでに会則道、山岡耕作、日高毅、齋藤真知亜、堀正文、山口裕之、田中直子クルト・サスマンズハウス、ヒョー・カン、ジャン・ピエール・ヴァレーズ、クリスチャン・イヴァルディ、海野義雄の各氏に師事。マスタークラスにおいてアイザック・スターン、ザハール・ブロン、ヘルマン・クレバースに師事した。
 

倉冨亮太 ヴァイオリン

1991年生まれ。4歳よりヴァイオリンを始める。長野国際音楽コンクール小学生の部第1位。日本演奏家コンクール小学生の部第1位。YBP国際音楽コンクール最高位。横浜国際音楽コンクール高校生の部第1位。全日本学生音楽コンクール東京大会第1位、全国大会第3位。大阪国際音楽コンクール大学生の部第1位、併せて文部科学大臣賞、ストリング賞受賞。2010年旭川ウィーン国際ヴァイオリンセミナーを受講し選考会で選出され、イタリアのチェルボ講習会を受講する。ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2012第2位。市川市文化振興財団新人演奏家コンクール最優秀賞。シゲティ国際コンクール入賞(ハンガリー)。Mykola Lysenko国際コンクール第3位(ウクライナ)。Violin of the North国際ユースコンクール第1位、併せてバッハ賞、プレジデント賞受賞(ロシア)。ウィーン・ベートーヴェン国際コンクール第1位(オーストリア)。平成25年度優秀学生顕彰大賞受賞。公益財団法人青山財団奨学生。東京芸術大学にて福島賞、安宅賞、アカンサス賞受賞。これまでにオルフェス音楽祭オーケストラ、ハンガリー放送交響楽団、ウクライナ国立交響楽団、芸大フィルハーモニアと共演。東京芸術大学附属音楽高校を卒業し東京芸術大学に在学中。
 

藤江扶紀(ふき) ヴァイオリン

大阪府出身。2002年、第56回全日本学生音楽コンクール全国大会小学校の部第1位。併せて、東儀賞、兎束賞、毎日小学生新聞賞、都築音楽賞受賞。2005年、第15回日本クラシック音楽コンクール全国大会中学校の部最高位。2007年、第76回日本音楽コンクールヴァイオリン部門第3位。2009年、第11回日本演奏家コンクール大学生の部第1位。2010年、第19回ABC新人オーディション合格。2008年より大阪などでヴァイオリンリサイタルを開催。2011年(第80回)日本音楽コンクール第1位。東京藝術大学内にて、安宅賞を受賞。これまでに、東京交響楽団、京都市交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、千里フィルハーモニア大阪などと共演。漆原啓子、ジェラール・プーレ、ジャン=ジャック・カントロフ、パヴェル・ヴェルニコフ各氏のレッスンを受講。これまでに、本多令子氏、故工藤千博氏、現在、清水高師氏に師事。室内楽を松原勝也、市坪俊彦の各氏に師事。現在、東京藝術大学大学院在学中。
 

中村翔太郎 ヴィオラ

1989年生まれ。兵庫県三田市出身。4歳よりヴァイオリンを始め、2005年、東京藝術大学附属音楽高校入学を機にヴィオラに転向。2010年第15回コンセール・マロニエ21弦楽器部門第1位。小澤国際室内楽アカデミー奥志賀、ヴィオラスペース、リゾナーレ室内楽セミナー等でマスタークラスを受講。リゾナーレ室内楽セミナーでは基金「緑の風」音楽賞受賞。2011年9月に栃木県交響楽団と、翌年2月に藝大フィルハーモニアと協奏曲を演奏するなど、ソロ・室内楽の分野において数々の演奏会に出演。東京藝大の同期による弦楽アンサンブルTGS代表。ヴィオラを百武由紀、川崎和憲の各氏に師事。東京藝術大学卒業、現在NHK交響楽団契約団員。
 

海野幹雄 チェロ

音楽一家に生まれ、父はN響コンサートマスターであった海野義雄、母は都響首席チェリスト海野ユキ恵。14歳より母にチェロの手ほどきをうける。桐朋高校音楽科を経て、桐朋学園大学アンサンブルディプロマコース修了。第20回霧島国際音楽祭特別奨励賞、第14回川崎市音楽賞コンクール最優秀賞、第7回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション入選、第12回全日本ソリストコンテストグランプリ等、数々の賞を受賞。在学中よりNHK交響楽団にエキストラ奏者として度々参加。東京フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、東京シティ・フィルハーモニック、関西フィルハーモニー管弦楽団、山形交響楽団等に首席チェロ奏者として客演している。2008年、日本演奏連盟主催により東京文化会館にてデビューリサイタル。2009年より毎年、銀座王子ホールにてリサイタルを開催。これまでにチェロを倉田澄子、堤剛、木越洋、山崎伸子、ルートヴィヒ・クヴァントの各氏に師事。
 

植村太郎

1984年生、三重県出身。2006年桐朋学園大学首席卒業、皇居楽堂にて御前演奏、同大学オーケストラのコンサートマスターを務めた。原田幸一郎、(故)久保田良作、立田あずさ、林茂子、漆原朝子の各氏に、室内楽を東京カルテット、毛利伯朗氏に師事。05年日本音楽コンクール・ヴァイオリン部門第1位、黒柳賞、レウカディア賞、鷲見賞、岩谷賞(聴衆賞)。ウィーン国際ヴァイオリンセミナー・スカラシップ、2006年プラハ国際音楽祭に招待演奏、プラハ管弦楽団と共演、テプリツェ、ピルゼンでリサイタル。ハノーファー音楽大学、ジュネーブ音楽院カルテットコースに在籍。
 

ララ・ボシュコウ(Lara Boschkor)

1999年ドイツ生まれ。4歳よりヴァイオリンを始め、8歳でコロン音楽大学でスザンナ・ヨーコ・ヘンケル女史に学ぶ。モーツァルティウム(ザルツブルグ)、シエナ(イタリア)、バーデンバーデン(ドイツ)の夏期講習に参加。ザッハー・ブロン、パブロ・フェルニコフ、コー・ガブリエル・カメダ各師に指導を受ける。※使用楽器:1740年製カルロ・アントニオテストーレ(ドイツ財団より貸与)13歳の現在に至るまでにヨーロッパの主たるコンクールを続々と制覇。7歳 ナムル国際コンクール(ベルギー)第一位 9歳 ヒンデミット・コンクール(ベルリン)第一位、特別賞 10歳 アンドリア・ボスタッチーニ国際コンクール(イタリア)第一位 ユネス国際コンクール(ブカレスト)第一位 13歳 第19回ブラームス国際コンクール第二位(最年少記録)3月 Henryk Szeryng Violin Competition優勝 5月 The National Competition Jugend-Musiziert Bundeswettberbにて史上最高得点(年齢グループ)獲得、及びthe German Foundation "Deutsche Stiftung Musikleben"より特別賞"Eduard-Soring Preis"受賞 6月 第11回Carl Flesch International Violin Competition(ハンガリー)第一位(最年少)
 

菅野潤(かんのじゅん) ピアノ

桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業。三浦浩、御木本澄子、高良芳枝、安川加壽子各氏に師事。来日したオリヴィエ・メシアン夫妻との出会いを機に、フランス政府給費留学生として、パリ国立高等音楽院に留学。ピアノをメシアン夫人のイヴォンヌ・ロリオ、室内楽をモーリス・クリュット、ブルーノ・パスキエ各氏に師事し、ピアノ科、室内楽科をそれぞれ一等賞を得て卒業。その後、パリ・エコール・ノルマル音楽院に在籍し、審査員全員一致で演奏家資格を得た。さらにヴラド・ペルルミュテール、ゲオルギー・シェベックの両氏について研鑽を積む。数々の国際コンクールに上位入賞の後、パリを拠点とし演奏活動。パリ・シャンゼリゼ劇場、及びサル・カヴォー、東京・サントリーホール、及び紀尾井ホール、ロンドン・セントジョンズ、ローマ・テアトロギオーネ、ザルツブルク・ミラベル宮など世界各地の主要ホールでの演奏会の他、ミュンヘン交響楽団、ポーランド国立クラクフ交響楽団、ザルツブルク室内管弦楽団、ベルリン室内合奏団、NHK交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団などと共演。室内楽の分野でも積極的に活動しており、ウィーン弦楽四重奏団、ザルツブルク・モーツァルテウム四重奏団、またピエール・アモワイヤル、ヴェルナー・ヒンク、ヴラディミール・メンデルスゾーン、ダニエル・グロギュラン、ブルーノ・パスキエの各氏らと、欧州、米国、日本で共演。1996年から2007年までバルセロナ・カレーロ音楽院教授。ロンドン、ポルト、メシアンなどの著名国際コンクールの審査員として、また夏期講習及び公開講座(ケルン音楽大学、フィエゾレ音楽院、ハートフォード大学、桐朋学園大学、ソウル藝術大学)の講師として招聘されている。
 

ゲルティンガー祥子(しょうこ) ピアノ

桐朋女子高等学校音楽科卒業後、渡仏。1995年よりベルリンに留学、アンネローゼ.シュミット氏に師事する。在学中よりベルリンをはじめヨーロッパ各地でソロリサイタルやオーケストラとの共演を重ね、2000年シリア文部大臣の招待による中東ツアーにおいては多数の委嘱作品を初演。2001年ベルリン音楽大学を満場一致の最高点を得て卒業、ドイツ国家演奏家資格取得。ドレスデン音楽大学マイスタークラスに進学、ペーター.レーゼル氏に師事し2005年に修了。マイスター修了資格取得。2003年バイロイト.イースター音楽祭、2005年ドレスデン音楽祭等に招かれ演奏する他、ベルリンを拠点とするピアニストカルテットやピアノトリオ、デュオのメンバーとしても活動し数々の在独作曲家による現代作品の初演を行う。これまでに全東北ピアノコンクール、全日本学生音楽コンクール、イブラ国際コンクール(イタリア)、バルセロナ室内楽コンクール(スペイン)にて受賞。
 

庄田奏美(かなみ) フルート

ウィーン国立音楽大学卒業。カラヤン財団ベルリンフィルハーモニー管弦楽団オーケストラアカデミー修了後、契約団員としてベルリンフィルハーモニー管弦楽団在籍。ベルリン・ドイツ交響楽団、ベルリン放送交響楽団、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団、ウィーン国立歌劇場、マーラー室内管弦楽団、シンガポールシンフォニーオーケストラなどに出演。これまでに、西田直孝、W.シュルツ、A.ブラウ、H.W.デュンシェーデの諸氏に師事。2006年2月帰国。現在、昭和音楽大学講師、ムラマツ・フルート・レッスンセンター講師。
 

演奏家プロファイル【9月演奏会】

植村太郎

1984年生、三重県出身。2006年桐朋学園大学首席卒業、皇居楽堂にて御前 演奏、同大学オーケストラのコンサートマスターを務めた。原田幸一郎、(故)久保田良作、立田あずさ、林茂子、漆原朝子の各氏に、室内楽を東京カルテッ ト、毛利伯朗氏に師事。05年日本音楽コンクール・ヴァイオリン部門第1位、黒柳賞、レウカディア賞、鷲見賞、岩谷賞(聴衆賞)。ウィーン国際ヴァイオリ ンセミナー・スカラシップ、2006年プラハ国際音楽祭に招待演奏、プラハ管弦楽団と共演、テプリツェ、ピルゼンでリサイタル。ハノーファー音楽大学、 ジュネーブ音楽院カルテットコースに在籍。

 

稲生 亜沙紀(あさき)ピアノ

千 葉県出身。3歳よりピアノを始める。第6回ちば音楽コンクール優秀賞。第1回Miyoshi NetピアノコンクールF部門第1位。第26回霧島国際音楽祭にて特別奨励賞。第17回やちよ音楽コンクール第1位、市長賞。東京藝術大学モーニング・コ ンサートに出演。第22回宝塚ベガ音楽コンクール第3位。第9回東京音楽コンクール第3位。ラーン音楽賞コンクール第1位(スイス)、チューリヒのトーン ハレ大ホールにてグラウビュンデン管弦楽団と共演。第67回ジュネーヴ国際音楽コンクールセミファイナリスト。ランドルトピアノコンクール第1位(スイ ス)。2012年度文化庁新進芸術家海外研修員(スイス・チューリヒ)。2013年9月サンモリッツ音楽祭(スイス)に出演。東京藝術大学音楽学部附属音 楽高等学校、同大学を経て大学院在学。2011年9月よりチューリヒ芸術大学に留学し修了。これまでに楠原祥子、小林仁、ガブリエル・タッキーノ、エ ヴァ・ポヴウォッカ、ハンスユルク・シュトループ、伊藤恵の各氏に師事。
 

演奏家プロファイル【10月演奏会】

橋本 洋(ひろし)ヴァイオリン

3才からヴァイオリン、4才からピアノを学ぶ。11才で全日本学生音楽コンクールに満場一致で全国第一位。東京芸術大学附属高校を経て東京芸術大学卒業。大学在学中に大阪府知事賞受賞。摂津音楽祭コンクール優勝。卒業後、ジュリアード音楽院で名教師、ドロシー・ディレイ氏に師事して研鑽を積んだ。留学中欧米各地でコンサート活動を行う。帰国後もオーケストラの共演やリサイタル、室内楽において活動し2007年のウィーンでのリサイタルは最高級の賛辞を受けた。2009年にもウィーンをはじめヨーロッパで6回のコンサートを行い、いずれも絶賛された。現在は演奏活動の他、日本クラシック音楽コンクール全国大会の審査員を務めている。 これまでに会則道、山岡耕作、日高毅、齋藤真知亜、堀正文、山口裕之、田中直子クルト・サスマンズハウス、ヒョー・カン、ジャン・ピエール・ヴァレーズ、クリスチャン・イヴァルディ、海野義雄の各氏に師事。マスタークラスにおいてアイザック・スターン、ザハール・ブロン、ヘルマン・クレバースに師事した。
 

倉冨亮太 ヴァイオリン

1991年生 4歳よりヴァイオリンを始める。長野国際音楽コンクール小学生の部第1位。日本演奏家コンクール小学生の部第1位。YBP国際音楽コンクール最高位。横浜国際音楽コンクール高校生の部第1位。全日本学生音楽コンクール東京大会第1位、全国大会第3位。大阪国際音楽コンクール大学生の部第1位、併せて文部科学大臣賞、ストリング賞受賞。2010年旭川ウィーン国際ヴァイオリンセミナーを受講し選考会で選出され、イタリアのチェルボ講習会を受講する。ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2012第2位。市川市文化振興財団新人演奏家コンクール最優秀賞。シゲティ国際コンクール入賞(ハンガリー)。Mykola Lysenko国際コンクール第3位(ウクライナ)。Violin of the North国際ユースコンクール第1位、併せてバッハ賞、プレジデント賞受賞(ロシア)。ウィーン・ベートーヴェン国際コンクール第1位(オーストリア)。平成25年度 優秀学生顕彰大賞受賞。公益財団法人青山財団奨学生。東京芸術大学にて福島賞、安宅賞、アカンサス賞受賞。これまでにオルフェス音楽祭オーケストラ、ハンガリー放送交響楽団、ウクライナ国立交響楽団、芸大フィルハーモニアと共演。東京芸術大学附属音楽高校を卒業し東京芸術大学に在学中。
 

中村 翔太郎 ヴィオラ

1989年生 兵庫県三田市出身。 4歳よりヴァイオリンを始め、2005年、東京藝術大学附属音楽高校入学を機にヴィオラに転向。2010年第15回コンセール・マロニエ21弦楽器部門第1位。小澤国際室内楽アカデミー奥志賀、ヴィオラスペース、リゾナーレ室内楽セミナー等でマスタークラスを受講。
リゾナーレ室内楽セミナーでは基金「緑の風」音楽賞受賞。2011年9月に栃木県交響楽団と、翌年2月に藝大フィルハーモニアと協奏曲を演奏するなど、ソロ・室内楽の分野において数々の演奏会に出演。東京藝大の同期による弦楽アンサンブルTGS代表。ヴィオラを百武由紀、川崎和憲の各氏に師事。東京藝術大学卒業、現在NHK交響楽団契約団員。
 

海野幹雄 チェロ

音楽一家に生まれ、父はN響コンサートマスターであった海野義雄、母は都響首席チェリスト海野ユキ恵。14歳より母にチェロの手ほどきをうける。桐朋高校音楽科を経て、桐朋学園大学アンサンブルディプロマコース修了。第20回霧島国際音楽祭特別奨励賞、第14回川崎市音楽賞コンクール最優秀賞、第7回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション入選、第12回全日本ソリストコンテストグランプリ等、数々の賞を受賞。在学中よりNHK交響楽団にエキストラ奏者として度々参加。東京フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、東京シティ・フィルハーモニック、関西フィルハーモニー管弦楽団、山形交響楽団等に首席チェロ奏者として客演している。2008年、日本演奏連盟主催により東京文化会館にてデビューリサイタル。2009年より毎年、銀座王子ホールにてリサイタルを開催。これまでにチェロを倉田澄子、堤剛、木越洋、山崎伸子、ルートヴィヒ・クヴァントの各氏に師事。
 

演奏家プロファイル【11月演奏会】

ララ・ボシュコウ (Lara Boschkor)

1999年ドイツ生まれ。4歳よりヴァイオリンを始め、8歳でコロン音楽大学でスザンナ・ヨーコ・ヘンケル女史に学ぶ。モーツァルティウム(ザルツブル グ)、シエナ(イタリア)、バーデンバーデン(ドイツ)の夏期講習に参加。ザッハー・ブロン、パブロ・フェルニコフ、コー・ガブリエル・カメダ各師に指導 を受ける。※使用楽器:1740年製カルロ・アントニオテストーレ(ドイツ財団より貸与)13歳の現在に至るまでにヨーロッパの主たるコンクールを続々と 制覇。 7歳 ナムル国際コンクール(ベルギー)第一位 9歳 ヒンデミット・コンクール(ベルリン)第一位、特別賞 10歳 アンドリア・ボスタッチーニ国際コンクール(イタリア)第一位 ユネス国際コンクール(ブカレスト)第一位 13歳 第19回ブラームス国際コンクール第二位(最年少記録)3月 Henryk Szeryng Violin Competition優勝 5月 The National Competition Jugend-Musiziert Bundeswettberbにて史上最高得点(年齢グループ)獲得、及びthe German Foundation "Deutsche Stiftung Musikleben"より特別賞"Eduard-Soring Preis"受賞 6月 第11回Carl Flesch International Violin Competition(ハンガリー)第一位(最年少)
 

保屋野 美和(ホヤノ ミワ)ピアノ

埼玉県出身。4歳よりピアノを始める。2007年東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。大学在学中、特待生奨学金を得る。2006年特別奨学生としてドイ ツ・ハノーファー音楽演劇メディア大学に短期留学をしたのをきっかけに渡独し、現在同大学ソリスト課程在籍。2008年ドイツ政府給費留学生 (DAAD)。
また、ベスカーラ音楽院(イタリア)在籍。2011年よりハノーファー音楽演劇メディア大学の木管楽器、またホルン科の公式演奏者を務める。
2006年PTNAピアノコンペティション特級銅賞、併せて三菱鉛筆賞受賞、2007年バルセシア国際音楽コンクール、2008年カミロ・トーニ国際コン クール(イタリア)ヤングカテゴリー第1位、2009年グリーク国際ピアノコンクール(ノルウェイ)B.マルティヌ特別賞受賞、2011年サンジェミニ国 際ピアノコンクール(イタリア)第3位。2013年ルイジ・チェッリテッリ国際音楽コンクール(イタリア)で総合優勝し、イタリアラジオクラシカでの録 音、また審査委員長のマルチェッロ・アバド氏の推薦により2015年春、ミラノでソロリタイタルを予定している。
また、スイス・ティチーノ・ムジカ音楽祭、ムジカリバ音楽祭(イタリア)にソリストとして出演し、好評を博す。また東日本大震災チャリティーコンサートで 指揮者、大植英次氏と中国地方で多数の演奏会を行う他、大阪クラシックや威風堂々クラシック in Hiroshimaなどで共演。現在はドイツと日本を拠点に、ソロ、また、室内楽や伴奏等の演奏活動を積極的に行っている。また後進の指導にも力をいてい る。これまでに大原慧子、倉沢仁子、播本枝未子、御木本澄子、黒田亜樹、エレーナ・マルゴリーナ=ハイト、ブルーノ・メッチェーナ、ベルント・ベツケの各 氏に師事。
 

演奏家プロファイル【12月演奏会】

菅野 潤(かんのじゅん)ピアノ

桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業。三浦浩、御木本澄子、高良芳枝、安川加壽子各氏に師事。来日したオリヴィエ・メシアン夫妻との出会いを機に、フランス 政府給費留学生として、パリ国立高等音楽院に留学。ピアノをメシアン夫人のイヴォンヌ・ロリオ、室内楽をモーリス・クリュット、ブルーノ・パスキエ各氏に 師事し、ピアノ科、室内楽科をそれぞれ一等賞を得て卒業。 その後、パリ・エコール・ノルマル音楽院に在籍し、審査員全員一致で演奏家資格を得た。さらにヴラド・ペルルミュテール、ゲオルギー・シェベックの両氏に ついて研鑽を積む。数々の国際コンクールに上位入賞の後、パリを拠点とし演奏活動。パリ・シャンゼリゼ劇場、及びサル・カヴォー、東京・サントリーホー ル、及び紀尾井ホール、ロンドン・セントジョンズ、ローマ・テアトロギオーネ、ザルツブルク・ミラベル宮など世界各地の主要ホールでの演奏会の他、ミュン ヘン交響楽団、ポーランド国立クラクフ交響楽団、ザルツブルク室内管弦楽団、ベルリン室内合奏団、NHK交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団などと共 演。室内楽の分野でも積極的に活動しており、ウィーン弦楽四重奏団、ザルツブルク・モーツァルテウム四重奏団、またピエール・アモワイヤル、ヴェルナー・ ヒンク、ヴラディミール・メンデルスゾーン、ダニエル・グロギュラン、ブルーノ・パスキエの各氏らと、欧州、米国、日本で共演。1996年から2007年 までバルセロナ・カレーロ音楽院教授。ロンドン、ポルト、メシアンなどの著名国際コンクールの審査員として、また夏期講習及び公開講座(ケルン音楽大学、 フィエゾレ音楽院、ハートフォード大学、桐朋学園大学、ソウル藝術大学)の講師として招聘されている。

ゲルティンガー祥子 (しょうこ) ピアノ

桐朋女子高等学校音楽科卒業後、渡仏。1995年よりベルリンに留学、アンネローゼ.シュミット氏に師事する。在学中よりベルリンをはじめヨーロッパ各地 でソロリサイタルやオーケストラとの共演を重ね、2000年シリア文部大臣の招待による中東ツアーにおいては多数の委嘱作品を初演。2001年ベルリン音 楽大学を満場一致の最高点を得て卒業、ドイツ国家演奏家資格取得。ドレスデン音楽大学マイスタークラスに進学、ペーター.レーゼル氏に師事し2005年に 修了。マイスター修了資格取得。2003年バイロイト.イースター音楽祭、2005年ドレスデン音楽祭等に招かれ演奏する他、ベルリンを拠点とするピアニ ストカルテットやピアノトリオ、デュオのメンバーとしても活動し数々の在独作曲家による現代作品の初演を行う。これまでに全東北ピアノコンクール、全日本 学生音楽コンクール、イブラ国際コンクール(イタリア)、バルセロナ室内楽コンクール(スペイン)にて受賞。
 

pagetop